家庭外のVIO脱毛 高い・恥ずかしいけれど価値はある

VIO脱毛をしようというときには、いくつか選択肢があります。
◯自己処理の場合
・カミソリ
・家庭でのブラジリアンワックス
・家庭用脱毛器
◯他人に行なってもらう場合
・医療レーザー
・光脱毛
・ブラジリアンワックス
などです。
家庭とそれ以外の違いは、
・キレイに仕上がる
・料金がかかる
・他人に見られたくない
の3点でしょう。

最近は、脱毛と言うとエステがこんなに安いとか、医療機関でもまるでエステのような感じというように、家庭外での脱毛をする方が増えました。
料金的にも、高額とは言えない低料金での施術になり、ワキや腕などは、家庭で行うよりもエステなどの施設がお勧めな場合も多いです。
もちろん料金が許せばの話しのですが、こうした家庭外で行う脱毛のメリットは、
「料金は高いけれど、仕上がりは断然違う」点です。
ただ、VIOに関しては、デリケートゾーンであることで、羞恥心も加わり、どうしても嫌という方も少なくありません。

自己処理でVIOのムダ毛処理をしている方の中で、Vは良いけれど、IOはしたことない方も多いです。
Vは、水着を着用する方が、毛がはみ出さない程度の仕上がりで満足している方でしょう。
しかし、カミソリなどを使うと、あとで剛毛になったり、ジョリジョリになったりすることがあります。
その時だけの処理で良いのなら、それでも良いかもしれません。

家庭と家庭外の脱毛で、決定的な違いとしては、この点にあります。
家庭は、その時だけの脱毛ですが、家庭外で高い料金を支払って行う脱毛は、その後の発毛もコントロール(現在は永久脱毛と言わない)ができることです。
家庭用脱毛器を使用する以外のカミソリなどの場合は、定期的な脱毛が必要になりますが、エステやクリニックなどでの施術に関しては、ほとんど脱毛処理をしなくて済みます。
ということは、料金が高い家庭外の脱毛の場合、それなりの対価は存在することになります。
実際、最初は気が向かなかった脱毛も仕上がりを見て満足、自己処理では絶対にここまできれいにならないと言うこと声がほとんどです。