うわ!また生えてきた!抜くほどに育っちゃうのなぜ!?

毛根には毛細血管と繋がっている部分、毛乳頭と呼ばれる部分があります。毛を無理やり抜いてしまうことで、この毛乳頭がちぎれてしまうことが多々ありま す。そうすると毛乳頭は、毛を生やそうと今まで以上に活発に栄養素を取り入れてしまい、結果、より太く元気な毛が生えてきてしまうということが起きるわけ です。

毛細血管から栄養素を取り入れる働きをしている、この毛乳頭を死滅させてしまわなければ、抜いても抜いても毛は元気に蘇ってくることになります。HT185_350A
サロン等でレーザー脱毛を経験された方であればわかると思いますが、まず毛根まで器具の先端を届かせた上で、レーザーで焼き尽くすということをします。

それでさえ1回では焼ききれず、2~3度繰り返すこともあるほど、毛根または毛乳頭というのはしぶといものなのです。
ピ ンセットをなどを使い自分で抜いても、またすぐに生えてきてしまうのは仕方ないことなのです。より毛を育成させていることにもなるのです。そして、永遠に 抜き続けなくてはならないと、言えてしまうのです。…と言っても、そう断言できるのは若いうち、ということも覚えておいてください。年齢などでの代謝の違 いにより再生しようとする力が衰えてくると、必ずしも太くて力強い毛が生えてくるとは限りません。

何度も何度も抜いているうちに、傷つけられ弱った毛乳頭 がそのまま息絶えてしまうこともあります。いつしか、毛が抜けやすくなっていたり
、やけに細い毛が生えてきたり、という感覚を覚えたことがあるのではない でしょうか。そうすれば自力での脱毛も成功するでしょう。若いほど毛根もピンピンしてしているのですね。